個人向けカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのはどんな特典が!?招待制カードならではの至高のサービスが満載

更新日:

アメリカン・エキスプレス・カードの中でもハイステータスな1枚に『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス・プラチナ)』があります。

プラチナ会員から利用できるコンシェルジュサービスやホテル・メンバーシップ上級会員などなどプラチナ会員ならではの特典が満載です。

持っているだけで相応のステータスとなる1枚です。

ここではアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの特典やメリットについて紹介していきます。

目次

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードってどんなカード?

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド(AmericanExpressInternational,Inc.)が発行しているプロパーカードです。

日本でアメックスは使いにくいイメージがあるかもしれませんが、今はJCBと提携して日本国内でも不便なく利用できるようになりました。

>>アメリカン・エキスプレスの公式サイトへ行く

年会費はプラチナらしい13万円!

やはりプラチナカードなだけあってそれなりの年会費ですね。

2017年の消費税8%を考慮すると年会費14万400円は決して安くはありません。

ですがそれに見合うだけの素晴らしい特典の数々が用意されています。

家族カードは4人まで年会費無料!

アメックスのスタンダードカードであるアメックス・グリーンは家族カード1枚あたり6000円の年会費が必要ですが、プラチナなら4人まで年会費無料になります。

対象は

  • 配偶者
  • 18歳以上の子ども
  • 両親
  • 内縁や同性婚のパートナー
  • 婚約者

など幅広く対応してくれるのは嬉しいところ。

もし本会員に家族カードを4枚発行すれば、1枚あたりの年会費は2万6000円くらい。

家族で使うとすればお得に使えることになります。

ETCカードは年会費無料で使える!

ETCカードの年会費を完全無料にしているのはありがたいですよね。

年に1回の利用が無くてもちゃんと無料です。

ただし新規発行時に850円の手数料がかかります。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはインビテーション(招待)のみ!

アメックスプラチナを入手しようと思ったら

アメックス・グリーン

>>公式サイトはこちら

アメックス・ゴールド

>>公式サイトはこちら

などを先に手に入れて、コツコツと利用し、アメリカン・エキスプレス側から「プラチナカード、作ってみませんか?」とお誘いしてもらう必要があります。

これを『インビテーション(招待)』といいます。

具体的に「年間どれくらい使えば招待される」「年収○○万円以上なら」といった明確な基準は分かっていません。

ですが分かっているのは「アメックス・ゴールドでなくとも、グリーン会員でもインビテーションされる」ということ。

そして「年間100万円以上の利用がないと厳しいのでは?」と言われていることです。

また一度に大きな買い物を年に数回する人よりも、普段の買い物から大きな買い物まで幅広く、コツコツと使っている会員の方がインビテーションを受けやすいのも間違いなさそうです。

アメックス・プラチナを目指す人は普段から、コンビニやスーパーでも徹底的に使いまくるのがベストだと思います。

事前入金(デポジット)で限度額を気にする必要なし!

アメックス・プラチナに限らず、アメリカン・エキスプレス・カードはすべて一律の限度額が設けられていません。

普通は「利用限度額最大100万円まで!」といった具合に決められ、年収や利用状況に応じてその範囲内で限度額が決められます。

ですがアメックスカードは様々な観点から利用限度額をフレキシブルに設定しているので、他カードよりも多くの支払いに使える可能性が高いです。

また『事前入金(デポジット)』を採用しているのも特徴。

例えば1000万円デポジットしておけば、最大1000万円のクレジットカードとして使えることになります。

仮の話ですが、クレジットカード払いに対応した住宅があるなら、事前入金しておけばアメックス・プラチナで支払える可能性だってあります。そしてもちろんポイント還元されるわけで、一気にポイントが貯めることもできます。

さすがに住宅は無理だと思いますが、例えば家具や家電などは対応していることがほとんどでしょう。それに一部の車販売店はクレジットカード払いに対応しているようです。

事前入金を利用したい場合はプラチナ・コンシェルジェ・デスクに電話すればOK。

アメックス・プラチナ最大の見どころは『コンシェルジュサービス』

アメックス会員にコンシェルジュサービスが提供されるようになるのはプラチナ会員から。

大変優秀なサービスとして日本はもちろん、世界的にも高く評価されています。

ちなみに正式名称は『プラチナ・コンシェルジェ・デスク』

24時間365日、いつでもどこでも電話で対応してくれるコンシェルジェ・デスクは旅行、食事、エンターテイメントなどなどあらゆるシーンを徹底サポート。

もはや自分で調べて、自分で手配する必要はなくなります。

例えば

  • 「恋人と特別なデートを考えているんだけど、よさそうなレストランの手配をお願いします」
  • 「オーロラを楽しみたいんだけど、良い案はないですか?」

と希望条件を伝えればそれに沿ったプランを提示してくれます。

詳しい要望を伝えるほどマッチするものを提案してくれるので遠慮なく話してみましょう。

もちろん「リーズナブルな旅行を楽しみたい!」といった要望でもまったく問題ありません。

もしも気に入らなかったとしても断ってOK。

「時間はお金で買えない」と言います。誰だって1日24時間しか使えず、忙しい人ほど1分1秒が大事になってくるもの。だからこそ、すべてを任せられるプラチナ・コンシェルジェ・デスクが高く評価されるのも納得です。

航空券仮押さえサービスが便利!

コンシェルジェ・デスクは「航空券の仮押さえサービス」も提供していてこれが本当に秀逸。

従来ならネットなどで航空券を予約を取ると、その場ですぐに決済しなくてはなりませんでした。

なので「確実に休みが取れるときじゃないとうかつに予約できない」という事態も。

下手に予約して、いざ日程が近づいてから休みがとれなかったらキャンセル料が発生する可能性もありますよね。

逆に休みが確定してから予約しようとすると空席が見つからないこともしばしば。

アメックス・プラチナ会員ならデスク経由で予約し、直前で決済できるのでありがたい。

万が一利用できなかったとしてもキャンセル料は発生せず、ただ予約が無効になるだけです。

予約が難しいレストランや料亭の予約が取れることも

「一見さんお断り」「数か月先まで予約でいっぱい」なレストランや料亭もアメックス・プラチナなら予約が取れることもあります。

気になっているけれど予約は面倒だし、断られるのも嫌だし…という方はコンシェルジェ・デスクに相談してみてはいかがでしょう。

ちなみに「コンシェルジュ経由だと高いお店しか紹介・予約してもらえないのでは?」という心配は不要です。

例えば「会社の飲み会で1人3000円~5000円くらいのお店を手配してほしい」といった使い方でも全く問題なし。

何気にありがたいメールでのやりとりにも対応

コンシェルジュサービスは一般的に電話でのやりとりのみに対応しています。

しかし出先で電話を取れなかったり、すぐにメモできる環境になかったり…と電話では不便なシーンが多いのも事実。

そこでアメリカン・エキスプレスは回答をメールで受け取れるように配慮しています。

わざわざメモしなくても良いですし、忙しいときも片手間に確認できるのは嬉しいですよね。

飲み会の幹事をしたら、出席者に回答メールを転送するのもアリではないでしょうか。

トラベルをもっとお得に!プラチナ特典でリッチな旅を

アメックス・プラチナを持っている人は日本はもちろん海外でも名だたるホテルや旅館の特典を活用できます。

またトラベル関連の優待が充実しているのも嬉しい特徴です。

アメックスといえばトラベル&エンターテイメント

納得の特典の数々をぜひ活用してください。

プラチナ会員はホテル・メンバーシップで有名ホテルの上級会員になれる!

アメックス・プラチナ会員は各有名ホテルの上級会員資格が得られます。

このプログラムを『ホテル・メンバーシップ』といいます。

普通は何度も宿泊し、年間登録料を支払って初めて上級会員の資格を得られるのですが、プラチナをもっているだけで名だたる有名ホテルのメンバーシップサービスが受けられるようになります。

  • スターウッドホテル&リゾート
  • カールソン・レジドール・ホテルズ
  • ヒルトン・ワールドワイド
  • シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ

上級会員になると

  • 部屋のアップグレード
  • 早期チェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 朝食無料
  • スパ・プールの利用が無料
  • ウェルカムサービス

などなど各ホテルに用意された優待を受けられます。

フリー・ステイ・ギフトで年1回、2名までホテルが無料に!

年に1回、アメックス・プラチナを更新するときに『フリー・ステイ・ギフト』という宿泊券がもらえます。

これは該当ホテルで最大2名まで無料になるお得な特典です

  • ホテルオークラ
  • 日航ホテル
  • ハイアットホテル
  • ヒルトンホテル
  • プリンスホテル
  • ロイヤルパークホテル

などが対象に。2名まで無料なので、夫婦や恋人と一緒に年1回の贅沢旅行にピッタリの嬉しいサービスですよね。

フリー・ステイ・ギフトは繁忙期には使えないことがあるので、事前に確認するか、プラチナ・コンシェルジェ・デスクに相談してみるのがおすすめです。

国内有数のホテル・旅館を優待価格で!

国内を代表するラグジュアリーホテルやリゾートホテル、一流旅館をプラチナ会員のために優待価格で利用できる特典も用意されています。

帝国ホテルやリッツ・カールトンなどなど普通の生活ではなかなか利用する機会のないところばかりがリストアップ。

  • 部屋のアップグレード
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 朝食サービス

といった特典が。

また、「スタンダード・スイートの予約をしたのにスイートルームに宿泊できた」といったケースもあります。

プライオリティパス(プレステージ会員)の登録が無料!利用料金も使いたい放題!

世界の130か国・地域、約500の都市で1000か所以上ある『空港VIPラウンジ』を利用できるプライオリティパス。

いくつかグレードがありますが、プラチナカード所持者は『プレステージ会員』の登録が無料になります。

通常プレステージ会員は年会費399米ドルなのですが、これが完全無料。

しかもアメックス・グリーンだと1回利用につき27米ドルが必要ですが、プラチナ会員は何度でも無料で使えます。

さらにさらに、同伴者1名も無料。

恋人や友人、同僚と出張するときなど気兼ねなくまったりとVIPラウンジを堪能できるのは嬉しいですね。

ちなみにアメックス・プラチナは家族カード会員もプライオリティパスが無料になります。なので夫婦で海外旅行に出かける機会が多い、といった場合は確実に家族カードを発行したほうがお得です。家族カードは最大4名まで年会費無料で利用できます。

VIPラウンジでは

  • ソフトドリンク
  • アルコール
  • 食事(パスタ、揚げ物、サンドイッチなど)
  • シャワー
  • WiFi

などが用意されています。

また利用対象者が少ないので静かに、ストレスの無い空間が使えるのも魅力的です。

手荷物検査後に使えるVIPラウンジが多いのもありがたいですよね。

特にいくつかの空港を経由してフライトするときは次の出発までに3時間、4時間と結構な時間を待たなくてはならないこともありますが、プライオリティパスがあれば安心です。

デルタ・スカイクラブ(空港ラウンジ)の利用権が付帯!

アメックス・プラチナでの支払いでデルタ航空を利用すると、デルタ航空専用ラウンジ『デルタ・スカイクラブ』が利用できます。

さらに嬉しいことに家族会員も利用OKなんです。

普通はビジネスクラス以上でなければ利用できないデルタ・スカイクラブですが、搭乗クラスにかかわらず…エコノミー席でも利用できるのはありがたいですね。

センチュリオンラウンジの利用権が付帯される!

  • シアトル
  • サンフランシスコ
  • ダラス
  • ニューヨーク
  • ヒューストン
  • マイアミ
  • ラスベガス

上記空港にある『センチュリオンラウンジ』を利用する権利が付帯されます。

上質なくつろぎ空間となっていて、食事やプレミアムバー、シャワーなどなど至れり尽くせりなサービスが無料で利用可能。

現在日本にセンチュリオンラウンジはありませんが、近々香港にできるそうなので利用する機会があるかもしれませんね。

旅行先のトラブルも安心の「プラチナ・カード・アシスト」

海外旅行中のトラブルに対応するためのサービスです。

例えばカードの盗難・紛失時は即日でカードを再発行し、現地ホテルに届けてくれます。

財布ごと無くしてしまった場合にも対応。

また救急時にも最寄の医療機関の紹介・手配を代行。救急車の派遣も対応してくれます。

そのほかにも通訳の派遣や弁護士の用意などなど何でも困ったことがあれば相談できる体制が整っています。

ダイニング・アクセスで高級レストランが1名分無料に!

アメリカン・エキスプレスと提携している高級レストランの所定のコース2名分以上を予約すると1名分が無料になる『ダイニング・アクセス』はぜひとも利用したいサービスです。

  • イル・ムリーノ・ニューヨークダイニング
  • 終夜灯
  • 美寿思
  • すし游

といった一流店の食事が大体1万~2万円分くらいお得になる計算になります。

回数制限もなく、お店の予約さえ取れれば自分が好きな時に好きなタイミングで食事を楽しめるのでどんどん活用していきましょう。

使えば使うほどアメックス・プラチナのコスパが良くなりますしね。

ダイニング・アクセスは24時間いつでも予約・キャンセルをオンライン上で行えます。もちろんコンシェルジェ・デスクに相談して手配してもらうのもOKです。

どんなお店が対象になっているのか、時間を見つけて確認しておくと良いかもしれません。

SBIウェルネスサポートで健康をサポートする特典も!

アメックス・プラチナ会員向けの健康サポート特典『SBIウェルネスサポート』は東京国際クリニック医科・歯科による無料カウンセリングサービスです。

  • 病気の予防
  • 食事
  • 運動
  • 検査
  • データの見方

などなど健康や治療に関する相談を全般的に受け付けており、疾病が見つかった時は提携医療機関による万全のフォローアップが用意されています。

さらに人間ドック、専門検査、専門医療など自由診療メニューを10%割引で利用できる特典も。

またアメックス・プラチナ会員は『SBIメディック』の初年度年会費(50万円)が無料になる特典ついています。例えば人間ドックを受診するときのホテル費用が1泊分無料になったり、専門医やナースコンシェルジュが健康管理してくれたり…といった内容となっています。

まだまだたくさんの特典がてんこ盛り!

ここまで紹介してきた特典はあくまでも一部です。

もっとトラベル&エンターテイメントのための特典が用意されています。

バースデーギフトでアメリカン・エキスプレスから誕生日プレゼント

年に1回、誕生日に合わせてアメリカン・エキスプレスからプレゼントが送られてきます。

中身は届くまでのお楽しみ。

普段からお世話になっているアメリカン・エキスプレスから誕生日プレゼントがもらえるのはちょっと嬉しいですね。

以前までは良く分からないプレゼント(オブジェやシルバーのしおりなど)が送られることもあったようですが、今はメタルペンや革ケースの手帳、カードケースなど実用性を重視しているラインナップに変更されたようです。

コンフォート・カフェ

コンシェルジェ・デスク経由で新幹線の指定席を購入すると提携ホテルラウンジのドリンクサービス券がもらえます。

東京駅:フォーシーズンズホテル・丸の内・東京「MOTIFRestaurant&Bar」
品川駅:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「ザ・ダイニング・ルーム」
名古屋駅:名古屋マリオットアソシアホテル・カフェバー「シーナリー」「パーゴラ」
大阪駅:ヒルトン大阪「インプレイス」
博多駅:ホテル日航福岡「ティー&カクテルラウンジ」

ホテルラウンジはドリンク1杯で1000円以上することもあるのでちょっとした休憩でお金を気にせず利用できるのはありがたいですね。

エクスペディア利用で8%オフ

エクスペディアは世界中の約35万軒以上のホテルやツアーを予約できるサービスです。

アメックス・プラチナ会員はエクスペディア利用で

  • 海外ホテル宿泊費用8%オフ
  • 海外ツアー料金3750円割引(15万円以上の利用)

といった特典が受けられます。また世界統一価格なのでお盆やゴールデンウィークでも通常価格で予約できるのが嬉しいですよね。

ファイン・ダイニングで対象レストランから優待

ファイン・ダイニング対象の高級レストランや高級料亭を予約すると優待特典が受けられるサービスになります。比較的カジュアルなレストランも用意されているので幅広いシーンで活躍してくれること間違いなし!

例えばウェルカムドリンク、窓際席の提供、VIP用個室の確保などなど。

スポーツクラブ・アクセスでお得に汗を流せる

国内の高級スポーツクラブを都度料金で利用できる便利なサービス。

通常だと会員登録費や年会費が発生するスポーツクラブなのに、アメックス・プラチナ会員なら『都度料金』を払って使いたいときに活用できます。

例えば…

コンラッド東京「水月スパ&フィットネス」:7560円
スイスホテル南海大阪「ピュロヴェルスパ&スポーツ」:6480円
グランド・ハイアット・福岡「クラブオリンパス」:5400円

などなど。

対象となるスポーツクラブはその時々で変更されるのでご自身で確認するか、コンシェルジェ・デスクに問い合わせてみると良いですね。

プリファード・ゴルフで有名コースを1ラウンド無料に

年会費295米ドルの『プリファード・ゴルフ』に無料会員登録できるサービスです。

世界70か所以上の提携ホテルに2泊以上すると、提携ゴルフコースのプレー代(1ラウンド、1名まで)が無料になります。

プレミア・ゴルフ・アクセスで国内ゴルフコースをビジター料金で

磯子カンツリークラブ、筑波カントリークラブ…といった国内の会員制ゴルフクラブをビジター料金だけ(入会金など不要)で利用できます。

ちなみに同伴でプレーする人も本会員と同じ料金が適応されるのが嬉しい!

国際線手荷物無料宅配

海外旅行時に自宅から空港に、帰国時に空港から自宅まで会員1名につきスーツケース2個まで無料で配送してくれるサービスです。

アメックス・プラチナから1人2個まで対応してくれるのは嬉しいですね。

ホテル・旅館の手荷物宅配サービス(国内)

国内のホテル・旅館から指定した場所に手荷物を無料で宅配してくれるサービスです。

カードメンバーのベネフィットガイドに掲載されているホテル・旅館をコンシェルジュ経由で予約するとこのサービスが利用できます。

配送先は日本国内ならどこでもOK。カード会員の自宅以外にも受け付けてくれます。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発時、帰国時に提携タクシー会社をチャーターして格安で送り迎えしてくれるサービスです。

空港への移動はもちろん、自宅に帰るときにも活用できます。

なおコンシェルジェ・デスク経由で日本発着の国際航空券or海外パッケージツアーを購入した場合が適応対象。100万円以上の支払いなら片道料金が無料になります。

無料ポーターサービス

出発時に空港駅改札やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時に到着ロビーから駅改札やバス停までスタッフが荷物を運んでくれます。

対象は1人につきスーツケース1個まで。

空港パーキング

空港の近くにあるパーキング(駐車場)を優待割引価格で利用できます。対象となる駐車場は以下のとおり。

成田空港:サンパーキング成田店(40%オフ、機械水洗い洗車が無料)
羽田空港:サンパーキング羽田・浮島店(40%オフ※除外期間・シーズン料金あり)
関西国際空港:安い関空駐車場、VIPカーデリバリーサービス(いずれも20%オフ)
福岡空港:福岡空港サイドパーキング(国際線利用時200円オフ、国際線利用時100円オフ※除外期間あり)

空港クロークサービス

空港内手荷物預かり所で荷物を無料で預かってくれるサービスです。

食事や買い物を身軽に楽しめます。

エアポートミール

コンシェルジェ・デスク経由で羽田空港or伊丹空港発の国際線航空券を購入すると、それぞれの空港で使える「エアポート・ミール・クーポン(1000円相当)」がもらえます。

プライベート・クルーズで自分で操縦できるチャンス

国内で30フィートクラスのクルーザーを利用できるサービスです。

利用時にはクルーが同行してくれるので心強いですよね。

ちなみに2回目以降は自身で操縦することもできます。

また41フィートクルーザーをチャーターすることもできます。

ラグジュアリー・フライトでヘリコプターを楽しむ

浦安ヘリポート発着のヘリコプターを優先予約できるサービス。

ウェルカムスイーツやプライベートルーム利用が1時間無料、アレンジフライトなどなど幅広い特典が用意されています。

国内外の旅行傷害保険が充実!プラチナならではの補償額が安心させてくれる

アメックス・プラチナの国内外旅行傷害保険はすべて『自動付帯』となります。

なので旅行に関する費用を支払っていなくても適応され、わざわざ保険に関する手続きを行う必要もなし。

ただ旅行のお供に最強のカードではあるので、持っていく方、利用する方の方が圧倒的に多いとは思います。

それでは詳しい国内外旅行傷害保険を紹介していきましょう。

海外旅行傷害保険は傷害治療が1000万円!家族特約も同額!

まずは海外旅行時に適応される保険から見てみましょう。

死亡・後遺障害:1億円(そのうち利用付帯が5000万円)
傷害治療:1000万円
疾病治療:1000万円
救援者費用:1000万円
賠償費用:5000万円
携行品損害:1旅行につき100万円(自己負担3000円)

1点だけ注意しておきたいのが、死亡・後遺障害の自動付帯は5000万円で、利用付帯で5000万円、合計1億円だということです。

またアメックス・プラチナはカード会員本人だけでなく、家族特約も適用されます。家族特約の内容は

死亡・後遺障害:1000万円
傷害治療:1000万円
疾病治療:1000万円
救援者費用:1000万円
賠償費用:5000万円
携行品損害:1旅行につき100万円(自己負担3000円)

こうやって見てみると利用頻度が高く、お世話になることが多い『傷害治療』『疾病治療』の補償額が1000万円になっていること。

カード会員だけでなく家族特約にも1000万円の補償額が用意されているのはすごいです。

国内旅行傷害保険にも家族特約あり!

アメックス・プラチナの国内旅行傷害保険も『自動付帯』となり、家族特約が適用されます。

死亡・後遺障害:最高1億円。うち5000万円は利用付帯で5000万円は自動付帯。家族特約は1000万円まで。
入院費用:5000円/日。事故日から180日が限度
手術費用:最高20万円
通院費用:2000円/日。事故日から180日以内、90日が限度

海外航空機遅延保険で遅れなども安心

海外旅行や海外出張中に航空便が遅延したり、手荷物が遅延することで身動きが取れなくなることがあります。

そんな万が一のときにもホテル料金や食事代、衣料購入費などを補償してくれるので安心です。

乗継遅延費用保険金:客室料・食事代(3万)
出航遅延費用等保険金:客室料・食事代(3万)
寄託手荷物遅延費用保険金:衣料購入費等客室料・食事代(3万)
寄託手荷物紛失費用保険金:衣料購入費等客室料・食事代(6万)

ショッピング・プロテクションで購入した商品の万が一を補償

国内、海外を問わず、アメックス・プラチナで購入した商品が破損したり、盗難に遭うなどの損害が出てしまたっとき、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償してくれるサービスです。

オンライン・プロテクション

インターネットでの不正利用による損害を全額補償します。

ネット通販やネットサービスの支払いでも安心してカードが使えるように。

リターン・プロテクション

アメックス・プラチナで購入した商品の返品を受け付けてもらえないときに、購入日から90日以内なら払い戻ししてもらえます。

1商品につき3万円まで、年間最高15万円が上限です。ただし未使用かつ故障や損傷がない、正常に機能するものとなります。故障が原因で返品したいときはメーカーに問い合わせましょう。

キャンセル・プロテクション

予約していた旅行やコンサートをキャンセルしたときのチケット代、ホテルキャンセル代の損害を補償するサービスです。

  • 国内旅行や海外旅行の航空券
  • 旅館やホテルなどの予約
  • 船舶、鉄道、自動車
  • 演劇、音楽、美術、映画

といったものが対象になります。

年間補償額は15万円or50万円で、キャンセルの理由によって異なります。

  • 会員本人、または配偶者、1親等以内の死亡または障害、疾病が理由(50万円)
  • 本人、配偶者、子どもの通院によるキャンセル(15万円)
  • 社命出張によるキャンセル(50万円)

例えば海外旅行の予約をしていたのに、会社の都合でキャンセルせざるを得なくなった時は50万円の補償が受けられることになります。

ホームウェア・プロテクション・ワランティープラスが超有能!

  • 火災
  • 盗難
  • 破損
  • 水漏れ

など意図しない、偶然の事故によって生じた損害を長期保証してくれる保険です。

例えば火災や水漏れで家電が壊れたり、カメラや時計が盗まれてしまったり…といったときに適応されます。

またワランティープラスによって家電類の補償期間を延長させることが可能です。

例えばテレビ、パソコン、冷蔵庫など。

メーカー保証が1年付帯されていることが多いこれらの家電ですが、プラチナ会員はメーカー保証+2年間の保障延長を提供してくれます。

ホームウェア・プロテクション・ワランティープラスはアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードで購入していない商品も対象に。

ただしレシートを取っておく必要があるのでお忘れなく。

お世話になる機会が多いでしょうし、とても使えるサービスと定評があるのでぜひ覚えておきたいところです。

個人賠償責任保険で賠償責任の負担を軽減

カード会員本人、配偶者、生計をともにする家族に賠償責任が生じたとき、保険金を出してくれるサービスです。

1事故あたり1億円が限度額となっています。

意図的な損害や災害・戦争による損害、自動車による損害賠償責任は対象外になりますが、それ以外ならほぼ対象になっているといっても過言ではありません。

ゴルフ、テニス、スキー保険

ゴルフ、テニス、スキー、スノーボードといったスポーツのための保険です。

障害、破損、盗難、賠償がセットになっています。

例えばゴルフクラブやテニスラケットが壊れてしまったときの買替費用や修理費が保険金として出ます。特にありがたいのは賠償責任補償。こちらの過失でケガを負わせてしまったときに心強いです。

電子マネーはQUICPayとApplePayでポイントが貯められる

パパっと支払えて便利な電子マネー。

各電子マネーごとにオリジナルポイントを導入していたりと使えばお得になりやすいのですが、アメックス・プラチナが対応しているのはQUICPayとApplePayの2つになります。

他の電子マネーのチャージに使えますが、残念ながらポイントが貯められません。

もちろんチャージ先の電子マネーのポイント(例えば楽天Edyなら楽天スーパーポイント)は貯められます。

要するにポイント二重取りができません。

電子マネーを無駄なく、最大限に活用したいなら各電子マネーに特化したサブカードを作成することをオススメします。

手軽にアメックス・プラチナで決済したいだけならQUICPayとApplePayがオススメです。

まとめ

高額な年会費に見合っただけの素晴らしい特典の数々。

アメックス・プラチナにあこがれる人がたくさんいらっしゃるのも納得できる内容だったのではないでしょうか。

今回紹介した特典がすべてというわけではありません。

他にももっともっとたくさんの、書ききれないほどの特典・優待が用意されています。

中でも特に注目したいのは以下のもの。

  • コンシェルジェ・デスクが超優秀
  • ホテルメンバーシップで有名ホテルの上級会員になれる
  • 年1回のフリー・ステイ・ギフトで高級ホテルが堪能できる
  • ダイニング・アクセスで高級レストランのコース料理が1名分無料
  • 予約が取れない、一見さんお断りのお店の予約が取れる可能性がある
  • プライオリティパスやセンチュリオンラウンジ、デルタ・スカイクラブなどVIP空港ラウンジが使える
  • 国内外の旅行保険が最高峰
  • 海外旅行先でも安心の24時間サポート体制

やはり最も大きいのはコンシェルジェ・デスクの存在ではないでしょうか。

貴重な時間を消費することなく、幅広いサポートを電話一本で済ませられるのはありがたいですよね。

>>インビテーションを受けるにはグリーンカードなどで実績を積む必要があります

-個人向けカード

Copyright© カードSHARX , 2017 AllRights Reserved.