カードローンの基礎知識

カードローンも多重債務者の社会問題などから2006年に可決された貸金業規正法の改正により2009年から上限利息が20%以下となり、同時に年収の三分の一以上の融資が不可能となる、いわゆる総量の規制などによる業界の変化が余儀なくされてきています。
長きにわたって、最大29.2%の金利が習慣上認められてきたのが、不可能となるわけです。

 

カードローンは大きく分けて銀行系のカードローンと信販系カードローンとに分かれます。

 

銀行系カードローンは銀行が発行するカードローンおよび銀行と提携するカードローンサービス会社も含めることになってきています。
提携する会社は銀行と提携することによって信用面で有利となったり、新たにATMを設置するコストを削減できるなどのメリットがあり、一方銀行などは手数料が増加するなどのメリットがあり双方にメリットがあるのです。

 

一方の信販系のカードローンは信販会社やクレジットカード会社が発行するところのキャッシュの借り入れの専用のカードのことをいいます。
近年はIT企業などが国内の信販会社を買収などすることにより、銀行に近いくらいの低金利商品を展開したりもしています。

 

金利の上限が低くなったことにより敷居が低くなることとなるでしょう。

カードローンのお役立ちサイト

国民生活センター
多重債務やトラブルなどのご相談はこちら。

 

ローンが増えてきたら「おまとめローン」を活用しよう!
数社から借りるよりも1社にまとめる「おまとめローン」の方が返済しやすくなります。

 

どこから借りる?そんな時はカードローン比較サイトでチェック
カードローンに関する基礎知識や比較などの情報を分かりやすく提供してくれているサイトです。

 

急なご入用などで即日キャッシングできるローン会社をお探しでしたら
簡単申込で即時地キャッシングできるローン会社を詳しく紹介。

 

借金返済問題でお困りの方に「無料相談できる法務事務所」があります
内緒の借金や返済に困った時など様々な借金に関する相談を受けてくれる法務事務所を紹介。